1. ホーム > 
  2. がんの動向・事例を知る > 
  3. 国内の動向・事例レポート > 
  4. 【レポート】 がん予防を推進するたばこ対策、着眼点とデータ活用

【レポート】 がん予防を推進するたばこ対策、着眼点とデータ活用

  1. 日本のがん対策におけるたばこ対策
  2. たばこ対策の国際的な潮流
  3. まとめ

ここでは、日本、そして都道府県のがん対策におけるたばこ対策に焦点を当てて、まとめていきたいと思います。

日本のがん対策におけるたばこ対策

 日本のがん対策についての5カ年計画である「がん対策推進基本計画(以下、基本計画)」※1において、たばこに関する取り組みは「がんの予防」という分野の中でまとめられています。基本計画では、計画実施後の10年間で、がん死亡率を20%減少させることが目標として設定されていますが、国立がんセンター(当時)の07年の試算※2によると、そのうちの1.6%が、たばこ対策によって達成されるとされています。

 目標として、すべての国民が喫煙の及ぼす健康影響について十分に認識すること、適切な受動喫煙防止対策を実施すること、未成年者の喫煙率を3年以内に0%とすること、禁煙支援プログラムの更なる普及を図りつつ喫煙をやめたい人に対する禁煙支援を行っていくこと--が明記されています。

 一方で、成人の喫煙率の減少についての目標は示されておらず、「がん対策推進基本計画 中間報告書※3」において、目標値を定める必要性を指摘する記載があります。

 では、国の基本計画を参考にして策定される、都道府県のがん対策推進計画(以下、都道府県がん計画)はどうでしょうか。ここからは、都道府県ごとの喫煙率に関するデータや、都道府県がん計画のスコアリング(採点)を行った研究結果からたばこ対策に関連する報告を参考にしながらみていきましょう。

喫煙率_国民生活基礎調査_2007.ppt
※表をクリックすると、別ウインドウにて拡大表示します。

 都道府県の喫煙率に関するデータをみると、地域によって格差があることがわかります。

 例えば、2007年の国民生活基礎調査によると、男性で喫煙率が高い県は、青森県、北海道、福島県、栃木県、石川県(上位5県を抜粋)、女性で喫煙率が高い県は、北海道、東京都、神奈川県、青森県、埼玉県(上位5県を抜粋)となっています。

 では、都道府県がん計画におけるたばこ対策は、どうでしょうか。厚生労働省の科学研究費補助金でがん計画のスコアリングを行った研究結果※4では、がん計画全般の結果同様、たばこ対策の点数(以下、たばこ対策スコア)にばらつきが見られ、格差があるようです。

たばこ対策スコアリング結果.ppt たばこ対策スコアリングチェック項目.xls
※表をクリックすると、別ウインドウにて拡大表示します。


 喫煙率が高く、たばこ対策の点数が低い県については、たばこ対策のさらなる強化が期待されます。
(下の図表では、目安として平均を軸にとり、該当する県を赤で示しています。)

喫煙率とがん対策スコアプロット.xls
※表をクリックすると、別ウインドウにて拡大表示します。

 ただ、計画の採点は、あくまでも一つの指標にすぎません。都道府県がん計画に基づき策定が進んでいるアクションプラン(具体的な実施計画)で、たばこに関する取り組みについてのより詳細な計画が立てられている場合もあります。また、たばこ対策は、がん対策の分野以外にも、健康増進に関する施策など、さまざまな分野の計画における取り組みも参考にする必要があるでしょう。

 都道府県のがん対策関連予算においても、たばこ対策に関する予算がつけられています。地域によってさまざまな特徴がありますので、ご自身の都道府県の予算を確認したり、他県の予算を参考にしてみましょう。

 基本計画においては、「禁煙したい人に対する支援」に関する取り組みの目標が設定されています。がん診療連携拠点病院の機能についての情報※5の中に参考になるデータがありました。

がん診療連携拠点病院の現状報告2009_禁煙外来設置数.xls
※表をクリックすると、別ウインドウにて拡大表示します。

 左の表は、都道府県がん診療拠連携点病院377カ所(当時)における禁煙外来の設置施設数をまとめたものです。その数についても、やはり都道府県ごとに格差があります。

 禁煙外来の設置数が目標を下回っている、あるいは、設置数を増やすための取り組みが都道府県がん計画やアクションプランの中に書かれているかどうか、などをチェックしてみると良いかも知れません。

 都道府県のがん対策を推進する取り組みのひとつとして、条例の制定が各地で進んでいます。実際に、がん条例の制定後、がん対策に関連する都道府県の予算が増えた例などが知られています※6

 神奈川県では、がん克服条例に加えて、全国で初めて受動喫煙防止条例が制定されており、たばこ対策に特化した対策が実施されています。神奈川県のようにたばこ対策に関する個別の条例がなくとも、たばこ対策に関連する記述が必ずがん条例の中に見られます。

条例_たばこ.xls
※表をクリックすると、別ウインドウにて拡大表示します。

 都道府県によりその記述の方法はさまざまです。中には、受動喫煙防止や禁煙に対するサポートなど、詳細にその記載が及んでいるものもあります。都道府県のがん計画に加えて、がん条例に関する動きも、たばこ対策を進めていく上で注目したいポイントと言えるでしょう。

更新日:2011年06月30日

このページの先頭へ戻る