1. ホーム > 
  2. がん政策サミット
  3.  > がん政策サミット2014(最終回) 開催レポート

がん政策サミット2014(最終回) 開催レポート

  「がん対策のPDCAとは」
 日本医療政策機構 がん政策情報センター長 埴岡 健一

県計画の指標マップを作成し、真のPDCAサイクルを回そう

 全体のスケジュールを見てください。いまは第2期の基本計画と都道府県がん対策推進計画のほぼ中間点まで来ています。第1期はがん対策の量の時代、第2期は質の時代、第3期は成果の時代を目指していかないといけない。がん対策を本格化してからそろそろ10年目がやってくるタイミングにいることを思い出す必要があります。古川議員の話にもあったように、がん対策はいろいろ動いてきた部分もあります。ただ、「助かるはずの命が助かる」「しなくていい苦労をしない」という観点からすると、まだ道半ばというところではないでしょうか。皆さんが都道府県で良いがん条例を作ったら、今度はそのために基本法を改正しようという話が出てきました。皆さんが地域でがん対策を動かしたら、国のがん対策も動こうとしているわけです。

 これまでの9回のがん政策サミットを振り返ると、「がんは政治なんだ」、「提言してもいいんだ」と患者関係者の皆さんが気づき、ネットワークができ、情報と知識を獲得し、好事例を共有して六位一体の協働作業でさまざまな成果を生んできました。今の2期目の計画の中間評価をして3期目の計画を作り直すときに、またもう一度、(1)現状を把握、(2)到達点(アウトカムゴール)を設定、(3)達成方法(施策・事業)を考える、というプロセスを通して、どんどん各都道府県のがん対策をみんなでよくしていくことが求められます。それに役立つように今回のサミットのプログラムを組んでいます。

 がん対策でもPDCAサイクルを回していくことが重要ですが、PDCAにはしばしば誤解があります。施設を10カ所つくりました、研修を100人が修了しましたといったストラクチャー指標だけで回っているPDCAでは意味がありません。例えば緩和ケア研修を100人が受けたというだけではなく、それによって患者さんの痛みに対処する診療がどう変わったのか、患者さんの痛みが減少したというアウトカム(成果)があったのかで測ることが大切です。施策で行ったこととそこから生じた成果をつきあわせるところまでやって、初めてPDCAになります。実は、多くの県の計画ではPDCAとうたいながらもアウトプット指標を測るまでで止まっています。もう一度、自県で本当のPDCAサイクルができているかチェックしてください。

 国のがん対策では、19個の全体指標、76の分野別指標、緩和ケア分野の15の指標、合計110の指標が作成されました。それぞれの指標がどの施策に対応するか関係を整理し、指標マップを作ってみました。例えばここに示しているのは緩和ケア分野の指標マップです。若尾さんの研究班で各県の拠点病院2カ所で指標を計測する調査が行われますが、ほかの拠点病院の状況がどうかはそれだけではわかりません。県の施策の中には独自の指標をつくらなければならないものもあるはずです。

 自県に帰ったら、まず、ここに示したような作成例を参考に、国の指標のマップを作成してみましょう。次に県の指標マップを作るわけですが、県計画がアウトカムに触れていない場合は県計画を補ってから、アウトカム指標を設定する必要があります。次に、計測、調査、集計、表示、評価、改善施策提案などをだれがするのか役割分担を決めます。指標の作成や計測にも費用がかかりますので、来年度予算に指標計測等に必要な予算を入れておくことも重要です。

 今日の第1部の4人の演者の話を踏まえて戦略を練り直してみましょう。佐藤さんの話にあったように、今年の秋から病床機能報告制度が始まり地域医療が大きく動きはじめます。この動きはがん医療にも関係してきます。病院の急性期医療の再編成は、例えば肺がん診療にも関係してくるわけです。

 皆さん、アドボカシーカレッジを読んできていただいたでしょうか。医療計画やがん計画などに関する知識があって、かつリーダーシップとマネジメントがあってこそ、初めて医療が動かせるのではないかと思います。ただ、座学やグループワークをしてそれで終わりでは何にもつながらないかもしれません。患者アウトカムの向上が最終目標です。2025年問題の解決に向けて制度も大きく動きだすここ1~2年に何をするかが非常に大事です。カレンダーを見据えつつ、いろいろやってもアウトカムの向上が進んでいないということにならないようにしましょう。

 明日から9の分野別施策のポイントを勉強し、3日間でネットワークをさらに深め、県に帰ってすぐ動いていけることになるといいですね。参考資料に各分野の指標マップをつけていますので、都道府県に帰って各県のものを作成し、患者アウトカムの向上につながるように動きだしてください。
( 医療ライター・福島安紀 )


  当日プレゼン資料: がん対策のPDCAとは (1.6MB)


<< 戻る




(更新日付:2014年06月17日)

このページの先頭へ戻る